超望遠撮影、揃えた機材はこれ!

さっそく、買いに行きました。デジスコのセット。

安物買いの銭失いはしたくない。 でも、高いのは私のサイフ的に無理。

そして、フィールドスコープは長年使ってきたニコンのフィールドスコープを使おう。

とりあえず、調査です。 ネットで調べます。

フィールドスコープ

フィールドスコープを通しての撮影の場合、EDレンズを使ったものなど、 ちょっとグレードの高いものを使った方が良いみたいです。

デジタルカメラ

デジスコの機材選択時の一番の注意点は、ケラレにあるようです。 要するに、普通、目で見て使うように開発されたフィールドスコープにカメラを取り付けて、 撮影するので、カメラのレンズのサイズとフィールドスコープのアイピース(目でのぞく側のレンズ)の サイズなどの相性が合っていないと撮影した画面の周囲が黒くなってしまい、真中しか撮影できないのです。

そんなわけで、はじめて買うときは、みんなが使っているものを選んでおいた方が良いみたい。 私も、自分でもっていたデジカメで試そうと思いましたが、どうも無理っぽい。

アダプタ

アダプタには、スコープを作っているメーカが出してくれているデジカメ用アダプタと デジスコドットコムさん(チューンナップメーカとでも言うんでしょうか?)が出してくれている アダプタとがあるようです。

メーカのものはいろいろなカメラに使えるようですが、ケラレが残ってしまったり、どうもイマイチそう。 これは、既にあるアイピースを利用しているからのようで、ある意味しかたがないのか?

デジスコドットコムさんのものは、カメラは限定されるみたいですが、そのカメラに最適なものを作成&提供 してくれているようで、カメラを指定のものにすれば、ケラレもなく最高のシステムとなりそうです。

値段は高いですが、ケラレが残ったりするのは嫌ですから、私はデジスコドットコムさんのを選択。 レンズも、ちゃんと良いのを使ってるようです。(この辺が、値段が高い原因か?)

その他、重要な機材として、

レリーズ

これはぜひとも欲しいです。カメラで、手ブレってよくいわれますよね。 撮影者のシャッターを押す手の動きがカメラに伝わってしまって、ぶれてしまうんです。 これを抑えるために、最近はジャイロがついて手ブレがないカメラが出ました〜なんてCMをやっているくらいです。

デジスコの超望遠撮影の世界。この手ブレの影響が半端じゃなくなるんです。 何十倍の世界、手ブレの幅も何十倍。こりゃ、使ってられません。(笑) そんなわけで、レリーズは使うようにしましょう。

三脚

三脚もしっかりしたものが必要です。 数千円の安いものだと、少しの風ですぐにぶれてしまって、使えません。しかも、倒して機材を壊してしまうなんてこともよくあります。
みなさん、カーボン製の比較的軽くてしっかりしたものを使っているみたいですね。 そして、雲台はビデオ雲台がよいみたい。

私は、スリックのマスター3という、3kgぐらいのを使ってます。 しっかりしていて、ちょっとの風でもへこたれませんが、はっきり言って重いです。 しかも、雲台の微調整はむずかしいです。
カメラがついてないときは、最高の雲台だったのになぁ。

照準器

デジスコをはじめて、困ったことがおきました。 カメラ越しにスコープをのぞくようになってから、スコープに鳥をいれるまで、非常に時間がかかるようになってしまったのです。 しばらくすれば慣れると思ったのですが、なかなかスコープだけのときのように、鳥を入れることができません。

仕方がないので、照準器を使うことにしました。 照準器をのぞいて、赤い点を鳥に合わせるとスコープ内に鳥が入っているというスグレモノです。
ただし、私は電源を切るのを忘れてすぐに電池がなくなってしまいます。私の場合、スコープにストローとかをくっつけて、電池をつかわないシステムを考えた方がよいのかもしれません。

ということで、私が使っているシステムです。 ショップのセットとまったく同じ構成ですね。(笑)

フィールドスコープニコンED3(直視)
デジタルカメラニコンクールピクス4300
アダプタDIGISOCO.COMTurbo Adapter 30xWF
三脚スリックマスター3
雲台マンフロット700RC2
レリーズRS-4300CSK
照準器スカイサーファー3

望遠撮影機材

値段は、あー、忘れました。

協栄産業さんのまったく同じ構成のセットの価格は、¥159,800のようです。(2004/04/30現在)
これに、プラスで三脚代となります。三脚は私と同じので実売、¥26,000ぐらいです。

ちなみに、この手のセット、大手のなんたらカメラさんとか行っても、説明などしてもらえません。
説明してもらいながら買いたいと思ったら、 協栄産業 さんのような専門店に行くしかないですよ。


前へ 次へ Menu HOME
Copyright©2004 WILDKOGERA
E-MAIL : wikoge@wildkogera.jp
このサイトの内容は間違い等あるかもしれません。ご利用は自己責任でどうぞ。
当サイト内のすべての内容の無断転載、無断コピーは禁止です。